前へ
次へ

しっかり美白ケアに励みましょう

スキンケアも美白タイプを使っているから安心、でも、シミができるのはどうしてでしょうか。ながらケアになっていたり、ケアしたつもりになっていないでしょうか。肌をほぐすことがカギ、メラニンを含んだ古い角質をほぐし、有効成分をしっかり浸透させなければなりません。肌をほぐす化粧水により肌に潤いがめぐり、健やかな美透肌に生まれ変わらせることができます。また、乾燥している感じもないし、化粧水をたっぷり付ければ大丈夫、というつもりでも、キメの乱れは透明感を妨げるようです。平坦な肌であるのなら、肌は暗く透明感はありません。心地よいとろみと潤いの乳液をプラスして、潤いをさらに確保しましょう。その日の汚れはその日の内にリセット、洗顔でならば透明感もよみがえります。美白美容液を塗っているから、日焼け止めなしでも大丈夫、ではありません。役割は全く違うので、日中は高機能な日焼け止めでUVケアしながら同時にスキンケアも行いましょう。

Page Top